派遣会社の求人に応募したときの経験

私が派遣会社の求人に応募したときの経験をお話したいと思います。

まずは、どこの派遣会社に登録するのかという問題があります。

私は再就職をするために就職活動をしていました。

正社員で仕事をしていた会社にリストラされたからです。

職業安定所(職安)で見た求人は「派遣社員」と掲載されていました。

そのときは知識がなくて「派遣社員というのは何なのだろうか?」と思ったことを記憶しています。

そして時給の金額を見たら1時間1,050円となっていました。

私はあまりにも高い時給金額に驚いたのです。

その当時の東北地方のパートタイムの時給平均は700円程度でしたから……。

職種を見てみると<営業事務>となっていました。

漠然とした表現ですし聞き馴染みのない言葉でした。

私はこれまでの仕事は<一般事務>でしたので違和感があったのです。

時給の高さに惹かれ、そして職種に関しても疑問があったので職業安定所の受付へ行きました。

そして担当者に「派遣社員って何なのですか?」とか「どうしてこれほど時給が高いのでしょうか?」「営業事務って実際にどういった仕事をするのでしょうか?」と矢継ぎ早に質問をしました。

その担当者はウザくなったようです。

そして「派遣会社をご紹介させていただきます。

具体的にはそこで話しを聞いてもらっていいですか?」と返事されました。

そして派遣会社とコンタクトを取っていただき登録のスケジュールが決まったのです。

Comments are closed.